【重要】クレジットカード発行について知っておくべき注意点まとめ

f:id:pisces20taka:20170612021308p:plain

クレジットカードの発行は、比較的簡単に大量のポイントを手に入れることのできる案件ですが、信用に基づいてお金の前借りをするものである以上、慎重にならなければなりません。もしあなたの信用に傷がついてしまった場合、クレジットカードのみならず住宅・自動車ローン、携帯の分割払いの利用ができなくなってしまいます。以下クレジットカードに手を出す以上、最低限知っておくべきこと注意点についてまとめます。

すべての会社が参照できるあなたの信用情報が存在します。

f:id:pisces20taka:20170612021521j:plain

クレジットカードの申込者が信頼に足る人物かどうかを判断するために、信用情報機関が保管しているクレジットヒストリー(通称クレヒス)という信用情報が参照されます。カード会社は、申込者が過去にクレジット決済を滞納していないか、カードの審査に落ちていないか、多重申し込みをしていないかの情報をチェックして審査を行います。これらの記録は5年間保持されるため、一度信頼に傷がついてしまうと今後5年間は信用に基づくあらゆるサービスを受けにくくなることを意味します。

クレジットカードを申し込む上で、必ず以下のルールを守りましょう。

ルール1:クレジットカードの同時申し込みは1ヶ月に最大1枚まで

短期間に複数のクレジットカードを申し込むことで、多重債務者であることが疑われるため一度に行うのはやめましょう。カード会社に関わらずクレジットカードの発行頻度は1ヶ月に1枚が無難なようです。所得や利用実績に応じて与信枠(=利用できるクレジットカードの総数)が決められるため、枚数の制限はありませんがあまり多くのカードを所有していると信頼に傷をつける可能性があります。

ルール2:発行したクレジットカードは半年以上経ってから解約する

発行したクレジットカードをすぐに解約してしまうと、入会特典狙いと見なされ短期解約として信用に傷をつけることにつながります。一度発行したクレジットカードは最低半年以上は継続するようにしましょう。

ルール3:キャッシング枠は最低額に設定する

クレジットカードにはキャッシング枠がありますが、クレジットカードのキャッシング利用限度額やカードローン借り入れ総額が年収の3分の1以上の場合、新たなカードを発行することができないという決まりがあります。キャッシングを使わない場合は、持っているクレジットカードのキャッシング枠を0円に変更しましょう。

ルール4:クレジットカードの審査に落ちた場合、その後6ヶ月間の申し込みを控える

信用情報機関には、クレジットカードの申し込み記録が6ヶ月間保管されます。審査に落ちてすぐ次に別の会社に申し込んだとしても、その会社も審査に落ちたという記録を参照できるためリスクと判断する可能性が大きいので、この申し込み記録が抹消される6ヶ月は新規の申し込みを控えましょう。

クレジットカードに申し込む際には以上の注意点を守りましょう。