0円でマイルをためて世界一周

0円でマイルをためる方法を実践する陸マイラーのブログです。海外でのお役立ち情報やお得情報なども掲載していきます。

海外旅行保険はカードで十分?海外旅行に行く前につくっておきたいクレジットカード

f:id:pisces20taka:20170622193127j:plain

夏休みに向けて海外旅行を計画している方も多いかと思いますが、海外旅行に行くときにぜひ持っておきたいクレジットカードをまとめてみました。第一弾は、海外旅行保険編です。

海外旅行保険は無料のクレジットカードで十分です

海外旅行では何が起こるかわからないので、もしもの時に備えて必ず海外旅行保険には加入しましょう。自分も一度、東南アジアへ旅行した時に食中毒に見舞われ、病院に数日間入院することなったことがありますが、高額な請求書を見てその時はじめて海外旅行保険に入っててよかったと身をもって実感しました。

しかし、空港のカウンターで海外旅行保険に加盟する必要はもうありません。海外旅行保険が付帯する無料のクレジットカードを賢く選ぶことで、旅行にかかる費用を抑えることができます。クレジットカードでは補償額が低いから心配という声もあるでしょうが、複数枚のクレジットカードを持っていることで、一枚では費用をすべてカバーできなくても不足分を他のカードで補填することができるためクレジットカードだけでも十分に事足ります。

海外旅行保険を目的にクレジットカードを選ぶときに見るべき3つの項目

海外旅行保険のためにクレジットカードを選ぶ際には、補償額が十分かどうかということに気を取られがちですが、それ以上に重要な3つの項目があります。

・「利用付帯」ではなく「自動付帯」を選ぶ

「利用付帯」は旅行代金をクレジットカードで決済しないと保険が有効にならないのに対して、「自動付帯」は持っているだけで保険が適用されます。補償額が充実している「利用付帯」のクレジットカードを所有していたとしても、クレジットカードを利用するのを忘れてしまった場合、せっかくの保険を適用することができません。「利用付帯」ではなく「自動付帯」であればそのような心配は必要ないのでおすすめです。

・重要な担保項目は「治療費用」と「携行品損害」

海外旅行中に起きるトラブルでほとんどを占めているのが「治療・救援者費用」と「携行品損害」なので、この2つの項目の金額を重視して選びましょう。また治療費用については、複数のカードを持っている場合、すべてのカードの合計金額分を適用することができます。つまり、一枚では治療費用をすべてカバーできなくても、不足分を他のカードで補填することができるのです。(例:治療費が500万円だった場合、カードA:200万円+カードB:300万円と別々に保険料を請求可能)

・キャッシュレス診療に対応していればなおよし

海外での治療費用は高額になることもありますが、現金を準備することやクレジットカードの限度額を超えてしまい支払うことができない場合などありますので、キャッシュレス診療に対応していれば便利です。実際には、急なケガや病気などをしてしまったときにさまざまな手続きを自分ですることは困難に近いため「キャッシュレス診療」がついているものを選ぶことをおすすめします。

年会費無料のおすすめカードはこれ!

これらの条件をすべて満たしているクレジットカードを海外旅行中のお守り用として一枚持っておくと安心です。年会費無料のカードでは、以下の2つがおすすめです。

 

エポスカード

横浜インビテーションカード

年会費 無料 無料
付帯 自動付帯 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 500万円 2000万円
傷害治療費用 270万円 200万円
疾病治療費用 200万円 200万円
賠償責任 2000万円 2000万円
救援者費用 100万円 200万円
携行品損害 20万円 20万円
キャッシュレス診療

 

エポスカードについては、年間で50万円以上を利用することで、年会費永年無料の「エポスゴールドカード」のインビテーション(招待状)を受け取ることができます。「エポスゴールドカード」にアップグレードすることで、海外旅行保険の補償額が上がったり空港でのラウンジが利用することができます。