【2017年7月】海外旅行に行く前につくっておきたいクレジットカード【空港サービス編】

夏休みの海外旅行に向けてぜひつくっておきたいクレジットカードをまとめてみました。第二弾は、空港サービス編です。

手荷物宅配サービス

f:id:pisces20taka:20170630193753p:plain

お土産をたくさん詰め込んで重くなったスーツケースを、長距離移動で疲れた身体で持って帰るのは大変ですよね。Visaのゴールドカードを利用すれば、帰国時に空港から自宅までの宅配が1個に限り500円で送ることができます。さらに、いまならサマープロモーションということで2017年7月1日(土)~2017年9月30日(土)の間は1個に限りたった100円で利用することができます。※2個目以降は、通常料金より15%OFF

f:id:pisces20taka:20170701142208p:plain

対象の空港にあるJAL ABC到着宅配カウンターで発送手続きをすることができますが、渡航先で決済に利用したVisaゴールドカードのレシートを提示する必要があります。このサービスが使えるのは、成田空港・羽田空港 国際線ターミナル中部国際空港関西国際空港のみです。営業時間にも注意が必要です。

海外Wi-Fiルータ

手荷物宅配サービス以外にも、Visaゴールドカードの特典として海外でのWi-Fiレンタル料が20%OFFになるサービスもあります。

f:id:pisces20taka:20170630203142p:plain

ただ個人的には、Wi-Fiルーターは初めての海外でネット環境がないと不安な方や、移動中も常にネット環境が必要なビジネスマン以外は必要ないと思っています。海外は日本と比べWi-Fi環境が整っている国が多いため、街中でインターネットの利用に困ることはほとんどないからです。

国際線空港ラウンジ

空港という場所は、何度行ってもワクワクしますよね。ロビーの巨大な掲示板を見ているだけで気分が高揚するのは自分だけではないはず。飛行機を待っている間は、ラウンジでワインを飲みながら優雅に過ごすことができれば完璧。ただ、理想的な過ごし方ができるかどうかはラウンジの種類次第です。国際線空港ラウンジは大きく2つに分けることができます。

・航空会社ラウンジ

f:id:pisces20taka:20170630211422p:plain

f:id:pisces20taka:20170630211442p:plain

ANA国際線ラウンジ

ANAJALなど航空会社が運営しているラウンジです。アルコールやビュッフェ形式の軽食、無料のシャワールームがあるなどクレジットカードラウンジよりも豪華です。基本的には、その航空会社の上級会員であったり、ビジネスクラス・ファーストクラスを利用している人しか利用することができません。

しかし唯一、スカイチーム加盟の航空会社を利用しなければならないという条件はありますが、持っているだけで航空会社ラウンジを利用できるクレジットカードがあります。「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」(年会費26,000円+税)です。それ以外には、残念ながら航空会社ラウンジを無条件で利用できるクレジットカードはありません。

・カードラウンジ

f:id:pisces20taka:20170630213155p:plain

羽田空港「エアポートラウンジ」

f:id:pisces20taka:20170707192613p:plain

2017年4月にオープンしたばかりの羽田空港「POWER LOUNGE」

クレジットカード会社が空港ラウンジの運営会社と提携して運営するラウンジです(写真は羽田空港国際線ラウンジ)。ゴールドカード以上を持っていれば提携しているラウンジを無料で利用することができます。航空会社ラウンジに比べるとサービス面では見劣りしますが、空港ではなかなか落ち着いて作業できる場所がないため、無料でこのような空間を利用できるというのは一つメリットです。ドリンクバー、アルコールはビール缶一本のみ無料というところが多いです。

手荷物宅配サービス・Wi-Fi・カードラウンジを使いたい方が選ぶクレジットカード

このようなサービスを使う頻度が高い方であれば、以下のクレジットカードがおすすめです。両方ともゴールドカードですが、最近のゴールドカードは年会費が安いものもあり、若くても安定した収入があれば簡単につくることができます。

20代の方でしたら「三井住友VISAプライムゴールドカード」、それ以外の方は「MUFGカード ゴールド」が最も安く維持できるゴールドカードです。発行する際はVisaを選ぶのを忘れないようにしましょう。

 

三井住友VISAプライムゴールドカード

f:id:pisces20taka:20170630201703p:plain

MUFGカード ゴールド

f:id:pisces20taka:20170630201655j:plain

年会費 1,500円 *条件付き(初年度無料) 1,905円(税別)
付帯 自動付帯 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 1,000万円(利用付帯5,000万円) 2,000万円
傷害治療費用 300万円 200万円
疾病治療費用 300万円 200万円
賠償責任 5,000万円 2,000万円
救援者費用 500万円 200万円
携行品損害 50万円 20万円
キャッシュレス診療

Amazonを生活の中で多用する方であれば、こちらをご覧ください。

これらのカードはゴールドカードであるにもかかわらず、それほど海外旅行保険が充実しているわけではないので過度な期待はしない方がよいです。海外旅行保険が充実した年会費無料のクレジットカードは、こちらで紹介していますので死蔵カードとして一枚持っておけば安心です。