ブダペストからプラハまでの夜行列車(ユーロナイト)を予約する方法

夏休みを使って中欧4カ国(チェコオーストリアスロバキアハンガリー)を周遊する予定ですが、ツアーを使わずにスケジュールはすべて自分で組み立てようと思っています。

そのためにいろいろと情報収集しているのですが、中欧の旅行に役立つ日本語でのまとまった情報があまりないため、自分の経験を記録として残しておこうと思います。

ブダペストからプラハまでの夜間の移動に関する情報です。

ブダペストからプラハまでバスで移動

バスの検索にはGoEuroという検索サイトが便利です。ブダペストからプラハまでのバスを検索したところ、片道20ユーロ〜という破格の値段です。

バスはおよそ500kmの道のりを7時間かけて移動しますが、長時間座った状態なので安さ最優先のバックパッカー以外はあまりオススメできません。

夜の間に移動して翌朝から観光できれば効率がよいと思ったので、バスに比べて値段は高いのですが夜行列車を使うことにしました。

ブダペストからプラハに向かう夜行列車ユーロナイト(EuroNight)

f:id:pisces20taka:20170728123557j:plain

ユーロナイト(EuroNight)という夜行列車が、南はハンガリーブダペストから北はドイツのベルリンまで運行しています。ブダペストを20:05に出発してプラハに翌朝の6時半頃に到着するプラハ行きの列車と、翌朝の3時45分頃にプラハに到着するベルリン行きの列車がありますが、早朝にプラハに着いても困るため6時台に到着する列車を予約しました。

ユーロナイトの座席タイプにはいくつか種類があり、座席のみ(6人席)、クシェットcouchetteと呼ばれる簡易寝台車(4人または6人部屋)、寝台車(1人部屋、2人部屋、3人部屋)があります。乗車券に加え、座席タイプに応じて指定券の料金がかかります。

2017年7月現在、ブダペストからプラハまでの乗車券が3,200円。それぞれの指定券の料金は、座席のみ:400円、簡易寝台車(4人部屋:1,900円、6人部屋:1,250円)、寝台車(1人部屋:6,500円、2人部屋:2,800円、3人部屋:1,900円)でした。

チケットは代理店ではなく公式サイトから予約した方がお得

チケットを予約するためのウェブサイトはいくつかありますが、国鉄のウェブサイトから予約した方が断然お得です。ハンガリー国鉄のウェブサイト(MAV)では、海外から夜行便を予約することができなくなったそうなので、チェコ国鉄のウェブサイト(eshop CD)から予約しました。

ご参考までに、日本や海外の旅行代理店から予約するとかなりの手数料を上乗せされるようです!(最初はCzech-Transport.comで危うく予約するところでしたが、後で金額を比べたらなんと2倍の差がありました!

f:id:pisces20taka:20170727004019p:plain

 チェコ国鉄のウェブサイト(eshop CD)から、まずは出発地ー目的地、往復または片道、日付、人数などの情報を入力して「continue」をクリックします

f:id:pisces20taka:20170727005123p:plain

 次に利用可能な便の一覧が出てくるので、予約したい便を選び右側にある「purchase」をクリックします。

f:id:pisces20taka:20170727005135p:plain

最後に座席を選択するページに飛びます。

プルダウンメニューから座席のみ(seat reservation)、簡易寝台車(couchette)、寝台車(sleeper)から希望のタイプを選びます。性別の異なる複数人で予約する場合、自動的に違うコンパートメントに振り分けられてしまうらしいので、同じコンパートメントを希望するのであれば同性にする必要があるようです。

自分は寝台車(2人部屋)を予約しましたが、2人分の片道の乗車券と指定券で合計2,412CZK(日本円にして約12,000円)でした。

あとは、内容を確認して決済をするだけです...が、確認ページで座席番号を確認したところ、同性の2人で予約したにもかかわらず座席番号が連番になっていませんでした。

別々のコンパートメントになってしまうのかと不安になりましたが、調べてみると寝台車の座席は下の図のようになっており、どうやら2人部屋の場合は真ん中の段が収納されるため同じコンパートメントでも飛び番となるようです。(例えば一番左側のコンパートメントで2人部屋になった場合、13が収納されて11と15となる。)

f:id:pisces20taka:20170727010959j:plain

その後、無事にクレジットカードでの決済をすることができました。その後、すぐに指定したメールアドレスにPDFファイルの旅程表が送られてきました。

・参考ウェブサイト

トリップアドバイザーフォーラム(英語)には、多くの人の具体的な体験談が共有されており非常に参考になりました。また、夜行列車の仕組みについてはこのウェブサイト(英語)が網羅的でわかりやすかったです。