どうしようもない!?航空券の名前を間違えてしまったときの対処法

「やってしまった・・・・・」

f:id:pisces20taka:20171020193922j:plain

先日、年末に計画している海外旅行に向けて意気揚々と航空券を予約しました。サプライス(Surprice!)というHISの子会社である日本の旅行代理店を経由して、中国東方航空のチケットを予約したのですが、なんと予約後に「姓」と「名」が反対になっていることに気づきました。名前のスペルを間違わないようにということばかりに気を取られ、入力する欄を間違ってしまったという何たる間抜けっぷり。

原則として予約後の氏名の変更は受け付けていない

サプライスの規約

Q. 予約の名前の変更はできますか?

A. ご予約時にご登録いただいたのお名前は変更できません。ご予約を一度お取消しいただき、再度ご予約をお願い致します。その際、所定の取消料がかかる場合がございますので、予めご了承ください。また、パスポート記載のお名前と異なる場合は、ご出発いただけませんのでご注意ください。

中国東方航空の規約

Q. 航空券を予約した際の名前とパスポート記載の名前のローマ字表記が違っていましたが搭乗できますか?

A. 搭乗できません。航空券をキャンセルし、再度購入が必要です。航空券の名前はパスポート記載の名前と必ず一致させてください。姓名の順が逆でも搭乗できません。

さらに今回予約した航空券は「キャンセル不可」であったため、たとえ名前を一文字間違えただけの場合でも、航空券をキャンセルして再度予約し直さなければなりません。

なんとしてでもそれだけは避けたい思い、とりあえずサプライスに直接メッセージを残し、同じ失敗をした人の経験について必死に調べました。しかし、調べれば調べるほど自分が犯してしまったミスの大きさに気付くのです。

名前のスペルが違うものは当然として、「姓」と「名」が逆になっているだけであったとしても、パスポート情報と異なれば他人とみなされ搭乗することができないようです。

「旅行代理店や航空会社に直接交渉を続け、有料ではあるが変更してもらった」

「当日チェックインカウンターで交渉して無料で変更してもらった」

「チェックインカウンターで交渉したが結局変更することができず、その場で割高のチケットを仕方なく買い直した」

変更してもらったという事例も見受けられますが、対応は航空会社や担当者によりけりで、安堵できるような情報は一切ありませんでした。

サプライスによる神対応

落ち込んだまま、次の日を迎えます。メールボックスを見ると、サプライスから以下のようなメッセージが届いていました。

ご認識をしていただいております通り通常はキャンセルをしていただき、新たに正しいお名前でのご予約をしていただく必要がございます。今回は航空会社へ正しいお名前はXXXX様とお伝えし、変更の可否の確認を致します。回答が戻りましたらご連絡を致しますのでもう暫くお待ちくださいませ。

航空会社の規約を見ても厳しいことが書いてあるし、問い合わせするだけで結局キャンセルすることになるのかな...となかば諦めていました。

が!

その翌日、以下のようなメールを受け取りました。

ご連絡を頂いておりましたお名前の変更が完了しましたのでご安心くださいませ。マイページのお名前を以下の通り変更させて頂いております。ご確認をくださいますようお願い致します。

しかも、いろいろとお手数をお掛けてしまったにもかかわらず「無料」で手続きをしたとのこと。担当者の方にはもう感謝しかありません。サプライスの対応は迅速かつ丁寧で素晴らしかったということをここでお伝えしておきたいと思います。

名前を間違ったときはとりあえず旅行代理店や航空会社に問い合わせを

どのような結果になるかは場合によって違うでしょうが、間違いに気づいたときは早めに旅行代理店や航空会社にに相談してみましょう。相手も人間ですので、丁寧にお願いすればもしかしたら柔軟に対応してくれるかもしれません。

ほんの些細なミスのようですが、間違ってしまったら面倒なことになり、最悪損失を被ることになってしまうので予約時に情報を入力する際には細心の注意を払いましょう!自分への戒めを込めて。