国内線・短距離区間をお得に利用するためにAviosをためよう

f:id:pisces20taka:20171030195731j:plain

Aviosというマイレージプログラムをご存知でしょうか?自分は陸マイラーを始めるまで聞いたことがありませんでした。イギリスの大手航空会社であるブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のマイレージプログラムだそうです。

イギリスのマイレージプログラムと国内線...一見まったく関係ないように思えますが、BAはJALと同じ「ワンワールド」のアライアンスに加盟しているので、このAviosを使ってJALのフライトを利用することができます。しかも、Aviosを使うことでJALマイルを使うよりも格安で国内線を利用することができるのです。

f:id:pisces20taka:20171030195606j:plain

国内線に必要なマイル数の比較 ~JALマイル vs Avios~

JALでは距離に応じて3つの区間に区切られており、それぞれ必要なマイル数が異なります。大体の距離ですが、A区間は東京〜大阪、秋田など、B区間は東京〜札幌や奄美大島、C区間は東京〜石垣などといった感じです。最低でも往復12,000マイルが必要です。

  • A区間:往復12,000マイル(片道6,000マイル)
  • B区間:往復15,000マイル(片道7,500マイル)
  • C区間:往復20,000マイル(片道10,000マイル)

Aviosでも同様に距離(マイル数)に応じて必要マイルが設定されていますが、650マイル以下の区間であれば往復9,000マイルで利用することができます。

  • ~650マイル区間:往復9,000マイル(片道4,500マイル)
  • 651~1,151マイル区間:往復15,000マイル(片道7,500マイル)
  • 1152~2,000マイル区間:往復20,000マイル(片道10,000マイル)

9,000マイルで利用できる650マイル以下の区間には、東京発の場合は沖縄・奄美大島・北海道の一部(稚内)を除くすべての空港、大阪発の場合は沖縄・北海道(函館は可)を除くすべての空港が含まれます。

以下、東京(羽田)・大阪(伊丹)から半径650マイルの距離を示した地図です。

f:id:pisces20taka:20171030194222p:plain

f:id:pisces20taka:20171030194228p:plain

この地図を見てお気づきでしょうが、東京からだと釜山、大阪からだとソウルが650マイル以下の区間に含まれるので往復9,000マイルで行けてしまうのです。

JALマイルを利用した場合、東京から札幌まではB区間となり、往復15,000マイルが必要ですが、Aviosの場合は650マイル以下の区間であれば往復9,000マイルで済みます。

利用する区間が短い場合にはAviosがいかにお得かお分かりいただけるかと思います。帰省などのために毎年必ず国内線を利用しているような方にはおすすめです。

Aviosのメリットは必要マイル数が少ないだけではない!

さらに、JALマイルの利用は本人、配偶者、二親等以内の親族、義兄弟姉妹の配偶者など身内に限られるのに対して、Aviosは誰にでも利用することが可能です。つまり、実質的に自分のマイルを他人に譲渡することが可能ということです。

また、JALでは特典航空券の予約は搭乗日4日前までで締め切られますが、Aviosを利用すれば搭乗日当日まで予約することが可能です。

他にも、JALマイルは取得後36ヶ月後に失効してしまいますが、Aviosは36ヶ月の間に一回でも獲得・使用・購入・譲渡すれば、さらに36ヶ月有効期限が延長されます。つまり、実質的に無期限で維持することが可能です。

Aviosを購入することで普通に航空券を購入するよりも断然お得!

このAviosは、定期的に実施されているスペイン版Grouponのセールでお得に購入することができます。ここで購入したAviosを以下の手順で移行することで、JAL特典航空券に交換することができます。

  1. スペイン版Grouponのセールでイベリア航空のAvios(クーポン)を購入
  2. Avios(クーポン)をイベリア航空のIberia Plusアカウントに登録
  3. AviosをIberia PlusアカウントからBAアカウントに移行
  4. BAアカウントのAviosを利用してJAL特典航空券に交換

この方法を使えば、為替レートによっても異なりますが、5,000円程度でJAL国内線の片道を利用することができます。Aviosを購入してから利用できるようにするための準備の手順については、こちらをご覧ください。