【世界遺産】世界一美しい夜景!ブダペストのおすすめ夜景スポット

ハンガリーの首都ブダペストは世界一夜景の美しい都としても知られています。

夜景を堪能するためブダペスト初日の夜から徘徊しまくって見つけた夜景が綺麗に見えるおすすめスポットをご紹介したいと思います。これまで、夜景が美しいという都市にいろいろ訪問しましたが、ブダペストの雰囲気の良さはトップレベルです。街全体が黄金に包まれ、まるで夢の中にいるような気分でした。

ブダ王宮城壁・世界遺産に登録された夜景

f:id:pisces20taka:20171016011958j:plain

ブダ城(王宮)から、セーチェーニ鎖橋と聖イシュトヴァーン大聖堂が望めるスポットです。世界遺産に登録されていることの証となるプレートが目印です。

セーチェーニ鎖橋を渡りケーブルカーに乗ればこのポイントまですぐですが、22:00までしか運行していないため注意が必要です。料金は片道1,200Ft(往復1,800Ft)です。ブダ城(王宮)までは城壁に沿って歩いて20分ほどで登ることもできます。

ドナウ川に映る世界一美しい国会議事堂

f:id:pisces20taka:20171016011742j:plain

ドナウ川を挟んで国会議事堂の真反対に位置する場所です。これぞブダペストを代表する夜景です。地下鉄「M2」の「Batthany ter」駅からすぐのポイントです。国会議事堂が左右対称に見える場所には、写真を撮影するための足場が組まれていました。セーチェーニ鎖橋からは歩いて20分ほどです。

 

セーチェーニ鎖橋から眺めるブダ王宮

f:id:pisces20taka:20171109010928j:plain

ペスト側から来た時にまず目にするのがこのブダ王宮です。丘の上にそびえるように黄金の建物が広がっています。セーチェーニ鎖橋を渡ってブダ側に行ってしまうと、建物や木々が障害物となりあまりよく見えないため、鎖橋の途中かペスト側がベストです。

夜の聖イシュトヴァーン大聖堂

f:id:pisces20taka:20171109012802j:plain

聖イシュトヴァーン大聖堂はブダペストの主要な観光地の一つですが、ぜひ夜も訪れてみてください。ライトアップされ、昼とはまた一味違う荘厳な雰囲気が味わえます。セーチェーニ鎖橋からは歩いて10分ほどです。

自分は行きませんでしたが、時間に余裕があればゲッレールトの丘やドナウ川クルーズ船から眺める夜景も素晴らしいみたいです。

東欧はヨーロッパの他の地域に比べると治安があまり良くないという情報があり心配していましたが、少なくとも夜景スポットは観光客で賑わっているため(中には女性一人の観光客もいました)まったく問題ありませんでした。ただ、場所によっては怪しい雰囲気の通りなどもあるため、あまり人気がない道は避けた方が良さそうです。